万葉集3650番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3650番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3650番について

歌番号

3650番

原文

比左可多能|安麻弖流月波|見都礼杼母|安我母布伊毛尓|安波奴許呂可毛

訓読

ひさかたの天照る月は見つれども我が思ふ妹に逢はぬころかも

かな読み

ひさかたの|あまてるつきは|みつれども|あがもふいもに|あはぬころかも

カタカナ読み

ヒサカタノ|アマテルツキハ|ミツレドモ|アガモフイモニ|アハヌコロカモ

ローマ字読み|大文字

HISAKATANO|AMATERUTSUKIHA|MITSUREDOMO|AGAMOFUIMONI|AHANUKOROKAMO

ローマ字読み|小文字

hisakatano|amaterutsukiha|mitsuredomo|agamofuimoni|ahanukorokamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|枕詞|大分|中津市|望郷|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ひさかたの[寛],
あまてるつきは[寛],
みつれども,[寛]みつれとも,
あがもふいもに,[寛]あかもふいもに,
あはぬころかも[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました