万葉集3767番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3767番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3767番について

歌番号

3767番

原文

多麻之比波|安之多由布敝尓|多麻布礼杼|安我牟祢伊多之|古非能之氣吉尓

訓読

魂は朝夕にたまふれど我が胸痛し恋の繁きに

かな読み

たましひは|あしたゆふへに|たまふれど|あがむねいたし|こひのしげきに

カタカナ読み

タマシヒハ|アシタユフヘニ|タマフレド|アガムネイタシ|コヒノシゲキニ

ローマ字読み|大文字

TAMASHIHIHA|ASHITAYUFUHENI|TAMAFUREDO|AGAMUNEITASHI|KOHINOSHIGEKINI

ローマ字読み|小文字

tamashihiha|ashitayufuheni|tamafuredo|agamuneitashi|kohinoshigekini

左注|左註

右八首娘子

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|恋情|悲別|悲嘆|女歌|中臣宅守

校異

特に無し

寛永版本

たましひは[寛],
あしたゆふへに[寛],
たまふれど,[寛]たまふれと,
あがむねいたし,[寛]あかむねいたし,
こひのしげきに,[寛]こひのしけきに,

巻数

第15巻

作者

狭野弟上娘子

タイトルとURLをコピーしました