万葉集3652番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3652番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3652番について

歌番号

3652番

原文

之賀能安麻能|一日毛於知受|也久之保能|可良伎孤悲乎母|安礼波須流香母

訓読

志賀の海人の一日もおちず焼く塩のからき恋をも我れはするかも

かな読み

しかのあまの|ひとひもおちず|やくしほの|からきこひをも|あれはするかも

カタカナ読み

シカノアマノ|ヒトヒモオチズ|ヤクシホノ|カラキコヒヲモ|アレハスルカモ

ローマ字読み|大文字

SHIKANOAMANO|HITOHIMOCHIZU|YAKUSHIHONO|KARAKIKOHIOMO|AREHASURUKAMO

ローマ字読み|小文字

shikanoamano|hitohimochizu|yakushihono|karakikohiomo|arehasurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|地名|福岡|志賀島|恋情|羈旅|序詞|望郷

校異

特に無し

寛永版本

しかのあまの[寛],
ひとひもおちず,[寛]ひとひもおちす,
やくしほの[寛],
からきこひをも[寛],
あれはするかも[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました