万葉集3666番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3666番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3666番について

歌番号

3666番

原文

由布佐礼婆|安伎可是左牟思|和伎母故我|等伎安良比其呂母|由伎弖波也伎牟

訓読

夕されば秋風寒し我妹子が解き洗ひ衣行きて早着む

かな読み

ゆふされば|あきかぜさむし|わぎもこが|ときあらひごろも|ゆきてはやきむ

カタカナ読み

ユフサレバ|アキカゼサムシ|ワギモコガ|トキアラヒゴロモ|ユキテハヤキム

ローマ字読み|大文字

YUFUSAREBA|AKIKAZESAMUSHI|WAGIMOKOGA|TOKIARAHIGOROMO|YUKITEHAYAKIMU

ローマ字読み|小文字

yufusareba|akikazesamushi|wagimokoga|tokiarahigoromo|yukitehayakimu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|福岡|望郷|漂泊

校異

特に無し

寛永版本

ゆふされば,[寛]ゆふされは,
あきかぜさむし,[寛]あきかせさむし,
わぎもこが,[寛]わきもこか,
ときあらひごろも,[寛]ときあらひころも,
ゆきてはやきむ[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました