万葉集3602番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3602番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3602番について

歌番号

3602番

原文

安乎尓余志|奈良能美夜古尓|多奈妣家流|安麻能之良久毛|見礼杼安可奴加毛

訓読

あをによし奈良の都にたなびける天の白雲見れど飽かぬかも

かな読み

あをによし|ならのみやこに|たなびける|あまのしらくも|みれどあかぬかも

カタカナ読み

アヲニヨシ|ナラノミヤコニ|タナビケル|アマノシラクモ|ミレドアカヌカモ

ローマ字読み|大文字

AONIYOSHI|NARANOMIYAKONI|TANABIKERU|AMANOSHIRAKUMO|MIREDOAKANUKAMO

ローマ字読み|小文字

aoniyoshi|naranomiyakoni|tanabikeru|amanoshirakumo|miredoakanukamo

左注|左註

右一首詠雲

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|古歌|誦詠|枕詞|望郷|羈旅|転用

校異

歌【西】謌【紀】【温】哥

寛永版本

あをによし[寛],
ならのみやこに[寛],
たなびける,[寛]たなひける,
あまのしらくも[寛],
みれどあかぬかも,[寛]みれとあかぬかも,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました