万葉集3640番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3640番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3640番について

歌番号

3640番

原文

美夜故邊尓|由可牟船毛我|可里許母能|美太礼弖於毛布|許登都ん夜良牟

訓読

都辺に行かむ船もが刈り薦の乱れて思ふ言告げやらむ

かな読み

みやこへに|ゆかむふねもが|かりこもの|みだれておもふ|ことつげやらむ

カタカナ読み

ミヤコヘニ|ユカムフネモガ|カリコモノ|ミダレテオモフ|コトツゲヤラム

ローマ字読み|大文字

MIYAKOHENI|YUKAMUFUNEMOGA|KARIKOMONO|MIDARETEOMOFU|KOTOTSUGEYARAMU

ローマ字読み|小文字

miyakoheni|yukamufunemoga|karikomono|midareteomofu|kototsugeyaramu

左注|左註

右一首羽栗

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羽栗|枕詞|山口|上関町|望郷|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

みやこへに[寛],
ゆかむふねもが,[寛]ゆかむふねもか,
かりこもの,[寛]かりももの,
みだれておもふ,[寛]みたれておもふ,
ことつげやらむ,[寛]ことつけやらむ,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました