万葉集3631番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3631番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3631番について

歌番号

3631番

原文

伊都之可母|見牟等於毛比師|安波之麻乎|与曽尓也故非無|由久与思<乎>奈美

訓読

いつしかも見むと思ひし粟島を外にや恋ひむ行くよしをなみ

かな読み

いつしかも|みむとおもひし|あはしまを|よそにやこひむ|ゆくよしをなみ

カタカナ読み

イツシカモ|ミムトオモヒシ|アハシマヲ|ヨソニヤコヒム|ユクヨシヲナミ

ローマ字読み|大文字

ITSUSHIKAMO|MIMUTOMOHISHI|AHASHIMAO|YOSONIYAKOHIMU|YUKUYOSHIONAMI

ローマ字読み|小文字

itsushikamo|mimutomohishi|ahashimao|yosoniyakohimu|yukuyoshionami

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|地名|山口|岩国|土地讃美|恋情|羈旅

校異

於->乎【類】【紀】

寛永版本

いつしかも[寛],
みむとおもひし[寛],
あはしまを[寛],
よそにやこひむ[寛],
ゆくよしをなみ[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました