万葉集3677番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3677番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3677番について

歌番号

3677番

原文

秋野乎|尓保波須波疑波|佐家礼杼母|見流之留思奈之|多婢尓師安礼婆

訓読

秋の野をにほはす萩は咲けれども見る験なし旅にしあれば

かな読み

あきののを|にほはすはぎは|さけれども|みるしるしなし|たびにしあれば

カタカナ読み

アキノノヲ|ニホハスハギハ|サケレドモ|ミルシルシナシ|タビニシアレバ

ローマ字読み|大文字

AKINONO|NIHOHASUHAGIHA|SAKEREDOMO|MIRUSHIRUSHINASHI|TABINISHIAREBA

ローマ字読み|小文字

akinono|nihohasuhagiha|sakeredomo|mirushirushinashi|tabinishiareba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|植物|漂泊|旅情|望郷|福岡|引津亭

校異

特に無し

寛永版本

あきののを[寛],
にほはすはぎは,[寛]にほはすはきは,
さけれども,[寛]さけれとも,
みるしるしなし[寛],
たびにしあれば,[寛]たひにしあれは,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました