万葉集3687番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3687番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3687番について

歌番号

3687番

原文

安思必奇能|山等妣古<由>留|可里我祢波|美也故尓由加波|伊毛尓安比弖許祢

訓読

あしひきの山飛び越ゆる鴈がねは都に行かば妹に逢ひて来ね

かな読み

あしひきの|やまとびこゆる|かりがねは|みやこにゆかば|いもにあひてこね

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマトビコユル|カリガネハ|ミヤコニユカバ|イモニアヒテコネ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMATOBIKOYURU|KARIGANEHA|MIYAKONIYUKABA|IMONIAHITEKONE

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamatobikoyuru|kariganeha|miyakoniyukaba|imoniahitekone

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|佐賀県|唐津市|神集島|枕詞|動物|望郷

校異

田->由【類】【紀】【細】

寛永版本

あしひきの[寛],
やまとびこゆる,[寛]やまとひこゆる,
かりがねは,[寛]かりかねは,
みやこにゆかば,[寛]みやこにゆかは,
いもにあひてこね[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました