万葉集3718番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3718番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3718番について

歌番号

3718番

原文

伊敝之麻波|奈尓許曽安里家礼|宇奈波良乎|安我古非伎都流|伊毛母安良奈久尓

訓読

家島は名にこそありけれ海原を我が恋ひ来つる妹もあらなくに

かな読み

いへしまは|なにこそありけれ|うなはらを|あがこひきつる|いももあらなくに

カタカナ読み

イヘシマハ|ナニコソアリケレ|ウナハラヲ|アガコヒキツル|イモモアラナクニ

ローマ字読み|大文字

IHESHIMAHA|NANIKOSOARIKERE|UNAHARAO|AGAKOHIKITSURU|IMOMOARANAKUNI

ローマ字読み|小文字

iheshimaha|nanikosoarikere|unaharao|agakohikitsuru|imomoaranakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|地名|姫路|兵庫|羈旅|孤独|望郷|帰途

校異

特に無し

寛永版本

いへしまは[寛],
なにこそありけれ[寛],
うなはらを[寛],
あがこひきつる,[寛]あかこひきつる,
いももあらなくに[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました