万葉集3657番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3657番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3657番について

歌番号

3657番

原文

等之尓安里弖|比等欲伊母尓安布|比故保思母|和礼尓麻佐里弖|於毛布良米也母

訓読

年にありて一夜妹に逢ふ彦星も我れにまさりて思ふらめやも

かな読み

としにありて|ひとよいもにあふ|ひこほしも|われにまさりて|おもふらめやも

カタカナ読み

トシニアリテ|ヒトヨイモニアフ|ヒコホシモ|ワレニマサリテ|オモフラメヤモ

ローマ字読み|大文字

TOSHINIARITE|HITOYOIMONIAFU|HIKOHOSHIMO|WARENIMASARITE|OMOFURAMEYAMO

ローマ字読み|小文字

toshiniarite|hitoyoimoniafu|hikohoshimo|warenimasarite|omofurameyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|七夕|宴席|望郷|恋情|福岡

校異

特に無し

寛永版本

としにありて[寛],
ひとよいもにあふ[寛],
ひこほしも[寛],
われにまさりて[寛],
おもふらめやも[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました