万葉集3676番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3676番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3676番について

歌番号

3676番

原文

安麻等夫也|可里乎都可比尓|衣弖之可母|奈良能弥夜故尓|許登都ん夜良武

訓読

天飛ぶや雁を使に得てしかも奈良の都に言告げ遣らむ

かな読み

あまとぶや|かりをつかひに|えてしかも|ならのみやこに|ことつげやらむ

カタカナ読み

アマトブヤ|カリヲツカヒニ|エテシカモ|ナラノミヤコニ|コトツゲヤラム

ローマ字読み|大文字

AMATOBUYA|KARIOTSUKAHINI|ETESHIKAMO|NARANOMIYAKONI|KOTOTSUGEYARAMU

ローマ字読み|小文字

amatobuya|kariotsukahini|eteshikamo|naranomiyakoni|kototsugeyaramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|動物|望郷|枕詞|福岡|引津亭

校異

ん【類】氣

寛永版本

あまとぶや,[寛]あまとふや,
かりをつかひに[寛],
えてしかも[寛],
ならのみやこに[寛],
ことつげやらむ,[寛]こなつけやらむ,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました