万葉集3772番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3772番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3772番について

歌番号

3772番

原文

可敝里家流|比等伎多礼里等|伊比之可婆|保等保登之尓吉|君香登於毛比弖

訓読

帰りける人来れりと言ひしかばほとほと死にき君かと思ひて

かな読み

かへりける|ひときたれりと|いひしかば|ほとほとしにき|きみかとおもひて

カタカナ読み

カヘリケル|ヒトキタレリト|イヒシカバ|ホトホトシニキ|キミカトオモヒテ

ローマ字読み|大文字

KAHERIKERU|HITOKITARERITO|IHISHIKABA|HOTOHOTOSHINIKI|KIMIKATOMOHITE

ローマ字読み|小文字

kaherikeru|hitokitarerito|ihishikaba|hotohotoshiniki|kimikatomohite

左注|左註

右八首娘子

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|恋情|悲別|大赦|女歌|中臣宅守

校異

特に無し

寛永版本

かへりける[寛],
ひときたれりと[寛],
いひしかば,[寛]いひしかは,
ほとほとしにき[寛],
きみかとおもひて[寛],

巻数

第15巻

作者

狭野弟上娘子

タイトルとURLをコピーしました