万葉集3596番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3596番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3596番について

歌番号

3596番

原文

和伎母故我|可多美尓見牟乎|印南都麻|之良奈美多加弥|与曽尓可母美牟

訓読

我妹子が形見に見むを印南都麻白波高み外にかも見む

かな読み

わぎもこが|かたみにみむを|いなみつま|しらなみたかみ|よそにかもみむ

カタカナ読み

ワギモコガ|カタミニミムヲ|イナミツマ|シラナミタカミ|ヨソニカモミム

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKOGA|KATAMINIMIMUO|INAMITSUMA|SHIRANAMITAKAMI|YOSONIKAMOMIMU

ローマ字読み|小文字

wagimokoga|kataminimimuo|inamitsuma|shiranamitakami|yosonikamomimu

左注|左註

右八首乗船入海路上作歌

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|悲別|望郷|地名|加古川|兵庫

校異

特に無し

寛永版本

わぎもこが,[寛]わきもこか,
かたみにみむを[寛],
いなみつま[寛],
しらなみたかみ[寛],
よそにかもみむ[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました