万葉集3671番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3671番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3671番について

歌番号

3671番

原文

奴婆多麻乃|欲和多流月尓|安良麻世婆|伊敝奈流伊毛尓|安比弖許麻之乎

訓読

ぬばたまの夜渡る月にあらませば家なる妹に逢ひて来ましを

かな読み

ぬばたまの|よわたるつきに|あらませば|いへなるいもに|あひてこましを

カタカナ読み

ヌバタマノ|ヨワタルツキニ|アラマセバ|イヘナルイモニ|アヒテコマシヲ

ローマ字読み|大文字

NUBATAMANO|YOWATARUTSUKINI|ARAMASEBA|IHENARUIMONI|AHITEKOMASHIO

ローマ字読み|小文字

nubatamano|yowatarutsukini|aramaseba|ihenaruimoni|ahitekomashio

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|福岡|韓亭|羈旅|望郷|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
よわたるつきに[寛],
あらませば,[寛]あらませは,
いへなるいもに[寛],
あひてこましを[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました