万葉集3621番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3621番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3621番について

歌番号

3621番

原文

和我伊能知乎|奈我刀能之麻能|小松原|伊久与乎倍弖加|可武佐備和多流

訓読

我が命を長門の島の小松原幾代を経てか神さびわたる

かな読み

わがいのちを|ながとのしまの|こまつばら|いくよをへてか|かむさびわたる

カタカナ読み

ワガイノチヲ|ナガトノシマノ|コマツバラ|イクヨヲヘテカ|カムサビワタル

ローマ字読み|大文字

WAGAINOCHIO|NAGATONOSHIMANO|KOMATSUBARA|IKUYOHETEKA|KAMUSABIWATARU

ローマ字読み|小文字

wagainochio|nagatonoshimano|komatsubara|ikuyoheteka|kamusabiwataru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|広島|倉橋島|土地讃美|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

わがいのちを,[寛]わかいのちを,
ながとのしまの,[寛]なかとのしまの,
こまつばら,[寛]こまつはら,
いくよをへてか[寛],
かむさびわたる,[寛]かむさひわたる,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました