万葉集3617番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3617番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3617番について

歌番号

3617番

原文

伊波婆之流|多伎毛登杼呂尓|鳴蝉乃|許恵乎之伎氣婆|京師之於毛保由

訓読

石走る瀧もとどろに鳴く蝉の声をし聞けば都し思ほゆ

かな読み

いはばしる|たきもとどろに|なくせみの|こゑをしきけば|みやこしおもほゆ

カタカナ読み

イハバシル|タキモトドロニ|ナクセミノ|コヱヲシキケバ|ミヤコシオモホユ

ローマ字読み|大文字

IHABASHIRU|TAKIMOTODORONI|NAKUSEMINO|KOEOSHIKIKEBA|MIYAKOSHIOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

ihabashiru|takimotodoroni|nakusemino|koeoshikikeba|miyakoshiomohoyu

左注|左註

右一首大石蓑麻呂

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|望郷|広島|倉橋島

校異

特に無し

寛永版本

いはばしる,[寛]いははしる,
たきもとどろに,[寛]たきもととろに,
なくせみの[寛],
こゑをしきけば,[寛]こゑをしきけは,
みやこしおもほゆ[寛],

巻数

第15巻

作者

大石蓑麻呂

タイトルとURLをコピーしました