万葉集3656番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3656番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3656番について

歌番号

3656番

原文

安伎波疑尓|々保敝流和我母|奴礼奴等母|伎美我美布祢能|都奈之等理弖婆

訓読

秋萩ににほへる我が裳濡れぬとも君が御船の綱し取りてば

かな読み

あきはぎに|にほへるわがも|ぬれぬとも|きみがみふねの|つなしとりてば

カタカナ読み

アキハギニ|ニホヘルワガモ|ヌレヌトモ|キミガミフネノ|ツナシトリテバ

ローマ字読み|大文字

AKIHAGINI|NIHOHERUWAGAMO|NURENUTOMO|KIMIGAMIFUNENO|TSUNASHITORITEBA

ローマ字読み|小文字

akihagini|nihoheruwagamo|nurenutomo|kimigamifuneno|tsunashitoriteba

左注|左註

右一首大使

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|七夕|織女|女歌|宴席|福岡

校異

特に無し

寛永版本

あきはぎに,[寛]あきはきに,
にほへるわがも,[寛]にほへるわかも,
ぬれぬとも[寛],
きみがみふねの,[寛]きみかみふねの,
つなしとりてば,[寛]つなしとりては,

巻数

第15巻

作者

阿倍継麻呂

タイトルとURLをコピーしました