万葉集3455番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3455番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3455番について

歌番号

3455番

原文

古非思家婆|伎麻世和我勢古|可伎都楊疑|宇礼都美可良思|和礼多知麻多牟

訓読

恋しけば来ませ我が背子垣つ柳末摘み枯らし我れ立ち待たむ

かな読み

こひしけば|きませわがせこ|かきつやぎ|うれつみからし|われたちまたむ

カタカナ読み

コヒシケバ|キマセワガセコ|カキツヤギ|ウレツミカラシ|ワレタチマタム

ローマ字読み|大文字

KOHISHIKEBA|KIMASEWAGASEKO|KAKITSUYAGI|URETSUMIKARASHI|WARETACHIMATAMU

ローマ字読み|小文字

kohishikeba|kimasewagaseko|kakitsuyagi|uretsumikarashi|waretachimatamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|女歌|恋情|植物

校異

特に無し

寛永版本

こひしけば,[寛]こひしけは,
きませわがせこ,[寛]きませわかせこ,
かきつやぎ,[寛]かきつやき,
うれつみからし[寛],
われたちまたむ[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました