万葉集3355番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3355番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3355番について

歌番号

3355番

原文

安麻乃波良|不自能之婆夜麻|己能久礼能|等伎由都利奈波|阿波受可母安良牟

訓読

天の原富士の柴山この暗の時ゆつりなば逢はずかもあらむ

かな読み

あまのはら|ふじのしばやま|このくれの|ときゆつりなば|あはずかもあらむ

カタカナ読み

アマノハラ|フジノシバヤマ|コノクレノ|トキユツリナバ|アハズカモアラム

ローマ字読み|大文字

AMANOHARA|FUJINOSHIBAYAMA|KONOKURENO|TOKIYUTSURINABA|AHAZUKAMOARAMU

ローマ字読み|小文字

amanohara|fujinoshibayama|konokureno|tokiyutsurinaba|ahazukamoaramu

左注|左註

右五首駿河國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|静岡県|富士山|地名|歌垣|歌謡|民謡|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

あまのはら[寛],
ふじのしばやま,[寛]ふしのしはやま,
このくれの[寛],
ときゆつりなば,[寛]ときゆつりなは,
あはずかもあらむ,[寛]あはすかもあらむ,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました