万葉集3213番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3213番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3213番について

歌番号

3213番

原文

十月|鍾礼乃雨丹|<沾>乍哉|君之行疑|宿可借疑

訓読

十月しぐれの雨に濡れつつか君が行くらむ宿か借るらむ

かな読み

かむなづき|しぐれのあめに|ぬれつつか|きみがゆくらむ|やどかかるらむ

カタカナ読み

カムナヅキ|シグレノアメニ|ヌレツツカ|キミガユクラム|ヤドカカルラム

ローマ字読み|大文字

KAMUNAZUKI|SHIGURENOAMENI|NURETSUTSUKA|KIMIGAYUKURAMU|YADOKAKARURAMU

ローマ字読み|小文字

kamunazuki|shigurenoameni|nuretsutsuka|kimigayukuramu|yadokakaruramu

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

羈旅|女歌|恋情

校異

沽->沾【矢】【京】

寛永版本

かむなづき,[寛]かみなつき,
しぐれのあめに,[寛]しくれのあめに,
ぬれつつか,[寛]ぬれつつや,
きみがゆくらむ,[寛]きみかゆくらむ,
やどかかるらむ,[寛]やとかかるらむ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました