万葉集2992番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2992番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2992番について

歌番号

2992番

原文

玉手次|不懸者辛苦|懸垂者|續手見巻之|欲寸君可毛

訓読

玉たすき懸けねば苦し懸けたれば継ぎて見まくの欲しき君かも

かな読み

たまたすき|かけねばくるし|かけたれば|つぎてみまくの|ほしききみかも

カタカナ読み

タマタスキ|カケネバクルシ|カケタレバ|ツギテミマクノ|ホシキキミカモ

ローマ字読み|大文字

TAMATASUKI|KAKENEBAKURUSHI|KAKETAREBA|TSUGITEMIMAKUNO|HOSHIKIKIMIKAMO

ローマ字読み|小文字

tamatasuki|kakenebakurushi|kaketareba|tsugitemimakuno|hoshikikimikamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|襷|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

たまたすき[寛],
かけねばくるし,[寛]かけねはくるし,
かけたれば,[寛]かけたれは,
つぎてみまくの,[寛]つきてみまくの,
ほしききみかも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました