万葉集3031番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3031番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3031番について

歌番号

3031番

原文

天雲乃|絶多比安|心<有>者|吾乎莫憑|待者苦毛

訓読

天雲のたゆたひやすき心あらば我れをな頼めそ待たば苦しも

かな読み

あまくもの|たゆたひやすき|こころあらば|われをなたのめそ|またばくるしも

カタカナ読み

アマクモノ|タユタヒヤスキ|ココロアラバ|ワレヲナタノメソ|マタバクルシモ

ローマ字読み|大文字

AMAKUMONO|TAYUTAHIYASUKI|KOKOROARABA|WAREONATANOMESO|MATABAKURUSHIMO

ローマ字読み|小文字

amakumono|tayutahiyasuki|kokoroaraba|wareonatanomeso|matabakurushimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情

校異

->有【西(挿入)】【元】【類】【紀】

寛永版本

あまくもの[寛],
たゆたひやすき[寛],
こころあらば,[寛]こころあらは,
われをなたのめそ,[寛]われをたのむな,
またばくるしも,[寛]まてはくるしも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました