万葉集2897番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2897番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2897番について

歌番号

2897番

原文

何|日之時可毛|吾妹子之|裳引之容儀|朝尓食尓将見

訓読

いかならむ日の時にかも我妹子が裳引きの姿朝に日に見む

かな読み

いかならむ|ひのときにかも|わぎもこが|もびきのすがた|あさにけにみむ

カタカナ読み

イカナラム|ヒノトキニカモ|ワギモコガ|モビキノスガタ|アサニケニミム

ローマ字読み|大文字

IKANARAMU|HINOTOKINIKAMO|WAGIMOKOGA|MOBIKINOSUGATA|ASANIKENIMIMU

ローマ字読み|小文字

ikanaramu|hinotokinikamo|wagimokoga|mobikinosugata|asanikenimimu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

特に無し

寛永版本

いかならむ,[寛]いかならん,
ひのときにかも[寛],
わぎもこが,[寛]わきもこか,
もびきのすがた,[寛]もひきのすかた,
あさにけにみむ[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました