万葉集3214番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3214番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3214番について

歌番号

3214番

原文

十月|<雨>間毛不置|零尓西者|誰里<之>|宿可借益

訓読

十月雨間も置かず降りにせばいづれの里の宿か借らまし

かな読み

かむなづき|あままもおかず|ふりにせば|いづれのさとの|やどかからまし

カタカナ読み

カムナヅキ|アママモオカズ|フリニセバ|イヅレノサトノ|ヤドカカラマシ

ローマ字読み|大文字

KAMUNAZUKI|AMAMAMOKAZU|FURINISEBA|IZURENOSATONO|YADOKAKARAMASHI

ローマ字読み|小文字

kamunazuki|amamamokazu|furiniseba|izurenosatono|yadokakaramashi

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

羈旅

校異

々->雨【元】【紀】【温】|之間->之【元】【類】

寛永版本

かむなづき,[寛]かみなつき,
あままもおかず,[寛]あままもおかす,
ふりにせば,[寛]ふりにせは,
いづれのさとの,[寛]たかさとのまに,
やどかからまし,[寛]やとかからまし,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました