万葉集3032番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3032番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3032番について

歌番号

3032番

原文

君之當|見乍母将居|伊駒山|雲莫蒙|雨者雖零

訓読

君があたり見つつも居らむ生駒山雲なたなびき雨は降るとも

かな読み

きみがあたり|みつつもをらむ|いこまやま|くもなたなびき|あめはふるとも

カタカナ読み

キミガアタリ|ミツツモヲラム|イコマヤマ|クモナタナビキ|アメハフルトモ

ローマ字読み|大文字

KIMIGAATARI|MITSUTSUMORAMU|IKOMAYAMA|KUMONATANABIKI|AMEHAFURUTOMO

ローマ字読み|小文字

kimigaatari|mitsutsumoramu|ikomayama|kumonatanabiki|amehafurutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|奈良|恋情

校異

特に無し

寛永版本

きみがあたり,[寛]きみかあたり,
みつつもをらむ[寛],
いこまやま[寛],
くもなたなびき,[寛]くもなかくしそ,
あめはふるとも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました