万葉集3090番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3090番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3090番について

歌番号

3090番

原文

葦邊徃|鴨之羽音之|聲耳|聞管本名|戀度鴨

訓読

葦辺行く鴨の羽音の音のみに聞きつつもとな恋ひわたるかも

かな読み

あしへゆく|かものはおとの|おとのみに|ききつつもとな|こひわたるかも

カタカナ読み

アシヘユク|カモノハオトノ|オトノミニ|キキツツモトナ|コヒワタルカモ

ローマ字読み|大文字

ASHIHEYUKU|KAMONOHAOTONO|OTONOMINI|KIKITSUTSUMOTONA|KOHIWATARUKAMO

ローマ字読み|小文字

ashiheyuku|kamonohaotono|otonomini|kikitsutsumotona|kohiwatarukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

動物|植物|序詞|尫柜蹋|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あしへゆく[寛],
かものはおとの[寛],
おとのみに,[寛]おとにのみ,
ききつつもとな[寛],
こひわたるかも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました