万葉集2956番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2956番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2956番について

歌番号

2956番

原文

未玉之|年月兼而|烏玉乃|夢尓所見|君之容儀者

訓読

あらたまの年月かねてぬばたまの夢に見えけり君が姿は

かな読み

あらたまの|としつきかねて|ぬばたまの|いめにみえけり|きみがすがたは

カタカナ読み

アラタマノ|トシツキカネテ|ヌバタマノ|イメニミエケリ|キミガスガタハ

ローマ字読み|大文字

ARATAMANO|TOSHITSUKIKANETE|NUBATAMANO|IMENIMIEKERI|KIMIGASUGATAHA

ローマ字読み|小文字

aratamano|toshitsukikanete|nubatamano|imenimiekeri|kimigasugataha

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

あらたまの[寛],
としつきかねて[寛],
ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
いめにみえけり,[寛]ゆめにそみゆる,
きみがすがたは,[寛]きみかすかたは,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました