万葉集2961番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2961番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2961番について

歌番号

2961番

原文

虚蝉之|常辞登|雖念|継而之聞者|心遮焉

訓読

うつせみの常のことばと思へども継ぎてし聞けば心惑ひぬ

かな読み

うつせみの|つねのことばと|おもへども|つぎてしきけば|こころまどひぬ

カタカナ読み

ウツセミノ|ツネノコトバト|オモヘドモ|ツギテシキケバ|ココロマドヒヌ

ローマ字読み|大文字

UTSUSEMINO|TSUNENOKOTOBATO|OMOHEDOMO|TSUGITESHIKIKEBA|KOKOROMADOHINU

ローマ字読み|小文字

utsusemino|tsunenokotobato|omohedomo|tsugiteshikikeba|kokoromadohinu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

特に無し

寛永版本

うつせみの[寛],
つねのことばと,[寛]つねのことはと,
おもへども,[寛]おもへとも,
つぎてしきけば,[寛]つきてしきけは,
こころまどひぬ,[寛]こころはなきぬ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました