万葉集3018番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3018番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3018番について

歌番号

3018番

原文

高湍尓有|能登瀬乃川之|後将合|妹者吾者|今尓不有十万

訓読

高湍なる能登瀬の川の後も逢はむ妹には我れは今にあらずとも

かな読み

たかせなる|のとせのかはの|のちもあはむ|いもにはわれは|いまにあらずとも

カタカナ読み

タカセナル|ノトセノカハノ|ノチモアハム|イモニハワレハ|イマニアラズトモ

ローマ字読み|大文字

TAKASENARU|NOTOSENOKAHANO|NOCHIMOAHAMU|IMONIHAWAREHA|IMANIARAZUTOMO

ローマ字読み|小文字

takasenaru|notosenokahano|nochimoahamu|imonihawareha|imaniarazutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|奈良|近江|滋賀県|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

たかせなる,[寛]たかせくる,
のとせのかはの[寛],
のちもあはむ,[寛]のちにあはむ,
いもにはわれは[寛],
いまにあらずとも,[寛]いまにあらすとも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました