万葉集2976番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2976番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2976番について

歌番号

2976番

原文

紫|我下紐乃|色尓不出|戀可毛将痩|<相>因乎無見

訓読

紫の我が下紐の色に出でず恋ひかも痩せむ逢ふよしをなみ

かな読み

むらさきの|わがしたひもの|いろにいでず|こひかもやせむ|あふよしをなみ

カタカナ読み

ムラサキノ|ワガシタヒモノ|イロニイデズ|コヒカモヤセム|アフヨシヲナミ

ローマ字読み|大文字

MURASAKINO|WAGASHITAHIMONO|IRONIIDEZU|KOHIKAMOYASEMU|AFUYOSHIONAMI

ローマ字読み|小文字

murasakino|wagashitahimono|ironiidezu|kohikamoyasemu|afuyoshionami

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

紐|恋情|序詞

校異

->相【西(右書)】【元】【類】【紀】

寛永版本

むらさきの[寛],
わがしたひもの,[寛]わかしたひもの,
いろにいでず,[寛]いろにいてす,
こひかもやせむ[寛],
あふよしをなみ[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました