万葉集2669番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2669番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2669番について

歌番号

2669番

原文

吾背子之|振放見乍|将嘆|清月夜尓|雲莫田名引

訓読

我が背子が振り放け見つつ嘆くらむ清き月夜に雲なたなびき

かな読み

わがせこが|ふりさけみつつ|なげくらむ|きよきつくよに|くもなたなびき

カタカナ読み

ワガセコガ|フリサケミツツ|ナゲクラム|キヨキツクヨニ|クモナタナビキ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOGA|FURISAKEMITSUTSU|NAGEKURAMU|KIYOKITSUKUYONI|KUMONATANABIKI

ローマ字読み|小文字

wagasekoga|furisakemitsutsu|nagekuramu|kiyokitsukuyoni|kumonatanabiki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋愛|女歌

校異

特に無し

寛永版本

わがせこが,[寛]わかせこか,
ふりさけみつつ[寛],
なげくらむ,[寛]なけくらむ,
きよきつくよに,[寛]きよきつきよに,
くもなたなびき,[寛]くもなたなひき,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました