万葉集2491番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2491番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2491番について

歌番号

2491番

原文

妹戀|不寐朝明|男為鳥|従是此度|妹使

訓読

妹に恋ひ寐ねぬ朝明にをし鳥のこゆかく渡る妹が使か

かな読み

いもにこひ|いねぬあさけに|をしどりの|こゆかくわたる|いもがつかひか

カタカナ読み

イモニコヒ|イネヌアサケニ|ヲシドリノ|コユカクワタル|イモガツカヒカ

ローマ字読み|大文字

IMONIKOHI|INENUASAKENI|OSHIDORINO|KOYUKAKUWATARU|IMOGATSUKAHIKA

ローマ字読み|小文字

imonikohi|inenuasakeni|oshidorino|koyukakuwataru|imogatsukahika

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|動物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

いもにこひ,[寛]いもこふと,
いねぬあさけに[寛],
をしどりの,[寛]をしとりの,
こゆかくわたる,[寛]ここにわたる,
いもがつかひか,[寛]いもかつかひか,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました