万葉集2557番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2557番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2557番について

歌番号

2557番

原文

垂乳根乃|母白者|公毛余毛|相鳥羽梨丹|<年>可經

訓読

たらちねの母に申さば君も我れも逢ふとはなしに年ぞ経ぬべき

かな読み

たらちねの|ははにまをさば|きみもあれも|あふとはなしに|としぞへぬべき

カタカナ読み

タラチネノ|ハハニマヲサバ|キミモアレモ|アフトハナシニ|トシゾヘヌベキ

ローマ字読み|大文字

TARACHINENO|HAHANIMAOSABA|KIMIMOAREMO|AFUTOHANASHINI|TOSHIZOHENUBEKI

ローマ字読み|小文字

tarachineno|hahanimaosaba|kimimoaremo|afutohanashini|toshizohenubeki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

女歌|母親

校異

者【嘉】七|羊->年【嘉】【文】【紀】

寛永版本

たらちねの[寛],
ははにまをさば,[寛]ははにまうさは,
きみもあれも[寛],
あふとはなしに[寛],
としぞへぬべき,[寛]としはへぬへし,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました