万葉集2541番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2541番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2541番について

歌番号

2541番

原文

徊俳|徃箕之里尓|妹乎置而|心空在|土者踏鞆

訓読

た廻り行箕の里に妹を置きて心空にあり地は踏めども

かな読み

たもとほり|ゆきみのさとに|いもをおきて|こころそらにあり|つちはふめども

カタカナ読み

タモトホリ|ユキミノサトニ|イモヲオキテ|ココロソラニアリ|ツチハフメドモ

ローマ字読み|大文字

TAMOTOHORI|YUKIMINOSATONI|IMOOKITE|KOKOROSORANIARI|TSUCHIHAFUMEDOMO

ローマ字読み|小文字

tamotohori|yukiminosatoni|imookite|kokorosoraniari|tsuchihafumedomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|恋情

校異

特に無し

寛永版本

たもとほり,[寛]たちとまり,
ゆきみのさとに[寛],
いもをおきて[寛],
こころそらにあり,[寛]こころそらなり,
つちはふめども,[寛]つちはふめとも,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました