万葉集2137番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2137番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2137番について

歌番号

2137番

原文

朝尓徃|鴈之鳴音者|如吾|物<念>可毛|聲之悲

訓読

朝に行く雁の鳴く音は我がごとく物思へれかも声の悲しき

かな読み

あさにゆく|かりのなくねは|あがごとく|ものもへれかも|こゑのかなしき

カタカナ読み

アサニユク|カリノナクネハ|アガゴトク|モノモヘレカモ|コヱノカナシキ

ローマ字読み|大文字

ASANIYUKU|KARINONAKUNEHA|AGAGOTOKU|MONOMOHEREKAMO|KOENOKANASHIKI

ローマ字読み|小文字

asaniyuku|karinonakuneha|agagotoku|monomoherekamo|koenokanashiki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物

校異

尓->念【元】【類】【紀】

寛永版本

あさにゆく[寛],
かりのなくねは[寛],
あがごとく,[寛]わかことく,
ものもへれかも,[寛]ものおもふかも,
こゑのかなしき,[寛]こえのかなしき,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました