万葉集1741番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1741番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1741番について

歌番号

1741番

原文

常世邊|可住物乎|劔刀|己之<行>柄|於曽也是君

訓読

常世辺に住むべきものを剣大刀汝が心からおそやこの君

かな読み

とこよへに|すむべきものを|つるぎたち|ながこころから|おそやこのきみ

カタカナ読み

トコヨヘニ|スムベキモノヲ|ツルギタチ|ナガココロカラ|オソヤコノキミ

ローマ字読み|大文字

TOKOYOHENI|SUMUBEKIMONO|TSURUGITACHI|NAGAKOKOROKARA|OSOYAKONOKIMI

ローマ字読み|小文字

tokoyoheni|sumubekimono|tsurugitachi|nagakokorokara|osoyakonokimi

左注|左註

右件歌者高橋連蟲麻呂歌集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|浦島伝説|若狭|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|心->行【藍】【壬】【類】【紀】

寛永版本

とこよへに[寛],
すむべきものを,[寛]すむへきものを,
つるぎたち,[寛]つるきたち,
ながこころから,[寛]なかこころから,
おそやこのきみ[寛],

巻数

第9巻

作者

高橋虫麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました