万葉集1745番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1745番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1745番について

歌番号

1745番

原文

三栗乃|中尓向有|曝井之|不絶将通|従所尓妻毛我

訓読

三栗の那賀に向へる曝井の絶えず通はむそこに妻もが

かな読み

みつぐりの|なかにむかへる|さらしゐの|たえずかよはむ|そこにつまもが

カタカナ読み

ミツグリノ|ナカニムカヘル|サラシヰノ|タエズカヨハム|ソコニツマモガ

ローマ字読み|大文字

MITSUGURINO|NAKANIMUKAHERU|SARASHIINO|TAEZUKAYOHAMU|SOKONITSUMAMOGA

ローマ字読み|小文字

mitsugurino|nakanimukaheru|sarashiino|taezukayohamu|sokonitsumamoga

左注|左註

右件歌者高橋連蟲麻呂歌集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|埼玉|羈旅|土地讃美|枕詞|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

みつぐりの,[寛]みつくりの,
なかにむかへる[寛],
さらしゐの[寛],
たえずかよはむ,[寛]たへすかよはむ,
そこにつまもが,[寛]そこにつまもか,

巻数

第9巻

作者

高橋虫麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました