万葉集1551番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1551番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1551番について

歌番号

1551番

原文

待時而|落<鍾>礼能|<雨>零収|開朝香|山之将黄變

訓読

時待ちて降れるしぐれの雨やみぬ明けむ朝か山のもみたむ

かな読み

ときまちて|ふれるしぐれの|あめやみぬ|あけむあしたか|やまのもみたむ

カタカナ読み

トキマチテ|フレルシグレノ|アメヤミヌ|アケムアシタカ|ヤマノモミタム

ローマ字読み|大文字

TOKIMACHITE|FURERUSHIGURENO|AMEYAMINU|AKEMUASHITAKA|YAMANOMOMITAMU

ローマ字読み|小文字

tokimachite|furerushigureno|ameyaminu|akemuashitaka|yamanomomitamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|季節

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|鐘->鍾【類】【温】【矢】|雨令->雨【万葉集新考】

寛永版本

ときまちて[寛],
ふれるしぐれの,[寛]おつるしくれの,
あめやみぬ,[寛]あめやみて,
あけむあしたか,[寛]あさかのやまの,
やまのもみたむ,[寛]うつろひぬらむ,

巻数

第8巻

作者

市原王

タイトルとURLをコピーしました