万葉集1372番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1372番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1372番について

歌番号

1372番

原文

三空徃|月讀<壮>士|夕不去|目庭雖見|因縁毛無

訓読

み空行く月読壮士夕さらず目には見れども寄るよしもなし

かな読み

みそらゆく|つくよみをとこ|ゆふさらず|めにはみれども|よるよしもなし

カタカナ読み

ミソラユク|ツクヨミヲトコ|ユフサラズ|メニハミレドモ|ヨルヨシモナシ

ローマ字読み|大文字

MISORAYUKU|TSUKUYOMIOTOKO|YUFUSARAZU|MENIHAMIREDOMO|YORUYOSHIMONASHI

ローマ字読み|小文字

misorayuku|tsukuyomiotoko|yufusarazu|menihamiredomo|yoruyoshimonashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛

校異

牡->壮【元】【類】【紀】

寛永版本

みそらゆく[寛],
つくよみをとこ[寛],
ゆふさらず,[寛]ゆふさらす,
めにはみれども,[寛]めにはみれとも,
よるよしもなし[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました