万葉集997番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集997番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

万葉集997番について

歌番号

997番

原文

住吉乃|粉濱之四時美|開藻不見|隠耳哉|戀度南

訓読

住吉の粉浜のしじみ開けもみず隠りてのみや恋ひわたりなむ

かな読み

すみのえの|こはまのしじみ|あけもみず|こもりてのみや|こひわたりなむ

カタカナ読み

スミノエノ|コハマノシジミ|アケモミズ|コモリテノミヤ|コヒワタリナム

ローマ字読み|大文字

SUMINOENO|KOHAMANOSHIJIMI|AKEMOMIZU|KOMORITENOMIYA|KOHIWATARINAMU

ローマ字読み|小文字

suminoeno|kohamanoshijimi|akemomizu|komoritenomiya|kohiwatarinamu

左注|左註

右一首作者未詳

事項|分類・ジャンル

雑歌|行幸|羈旅|望郷|恋情|難波|大阪|天平6年3月年紀|地名|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

すみのえの[寛],
こはまのしじみ,[寛]こはまのししみ,
あけもみず,[寛]あけもみす,
こもりてのみや,[寛]しのひてのみや,
こひわたりなむ[寛],

巻数

第6巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました