万葉集57番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集57番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集57番について

歌番号

57番

原文

引馬野尓|仁保布榛原|入乱|衣尓保波勢|多鼻能知師尓

訓読

引間野ににほふ榛原入り乱れ衣にほはせ旅のしるしに

かな読み

ひくまのに|にほふはりはら|いりみだれ|ころもにほはせ|たびのしるしに

カタカナ読み

ヒクマノニ|ニホフハリハラ|イリミダレ|コロモニホハセ|タビノシルシニ

ローマ字読み|大文字

HIKUMANONI|NIHOFUHARIHARA|IRIMIDARE|KOROMONIHOHASE|TABINOSHIRUSHINI

ローマ字読み|小文字

hikumanoni|nihofuharihara|irimidare|koromonihohase|tabinoshirushini

左注|左註

右一首長忌寸奥麻呂

事項|分類・ジャンル

雑歌|大宝2年年紀|三河行幸|愛知|従駕|持統|羈旅|土地讃美|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

ひくまのに[寛],
にほふはりはら,[寛]にほふはきはら,
いりみだれ,[寛]いちみたる,
ころもにほはせ[寛],
たびのしるしに[寛],

巻数

第1巻

作者

長忌寸意吉麻呂

タイトルとURLをコピーしました