万葉集14番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集14番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集14番について

歌番号

14番

原文

高山与|耳梨山与|相之時|立見尓来之|伊奈美國波良

訓読

香具山と耳成山と闘ひし時立ちて見に来し印南国原

かな読み

かぐやまと|みみなしやまと|あひしとき|たちてみにこし|いなみくにはら

カタカナ読み

カグヤマト|ミミナシヤマト|アヒシトキ|タチテミニコシ|イナミクニハラ

ローマ字読み|大文字

KAGUYAMATO|MIMINASHIYAMATO|AHISHITOKI|TACHITEMINIKOSHI|INAMIKUNIHARA

ローマ字読み|小文字

kaguyamato|miminashiyamato|ahishitoki|tachiteminikoshi|inamikunihara

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|三山歌|兵庫|妻争媿|羈旅|地名|伝説

校異

特に無し

寛永版本

かぐやまと,[寛]かくやまと,
みみなしやまと[寛],
あひしとき[寛],
たちてみにこし[寛],
いなみくにはら,[寛]いなひくにはら,

巻数

第1巻

作者

中大兄|天智

タイトルとURLをコピーしました