鬱屈

スポンサーリンク
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4217番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4217番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4217番について歌番号4217番原文宇能花乎|令腐霖雨之|始水|縁木積成|将因兒毛我母訓読卯の花を腐す長雨の始水に寄る木屑なす寄らむ子もがもかな読みうのはなを|くたすながめ...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3158番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3158番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3158番について歌番号3158番原文客尓有而|物乎曽念|白浪乃|邊毛奥毛|依者無尓訓読旅にありてものをぞ思ふ白波の辺にも沖にも寄るとはなしにかな読みたびにありて|ものをぞお...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2464番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2464番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2464番について歌番号2464番原文若月|清不見|雲隠|見欲|宇多手比日訓読三日月のさやにも見えず雲隠り見まくぞ欲しきうたてこのころかな読みみかづきの|さやにもみえず|くも...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集2263番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2263番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2263番について歌番号2263番原文九月|四具礼乃雨之|山霧|烟寸胸|誰乎見者将息|訓読九月のしぐれの雨の山霧のいぶせき我が胸誰を見ばやまむ|かな読みながつきの|しぐれのあ...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1570番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1570番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1570番について歌番号1570番原文此間在而|春日也何處|雨障|出而不行者|戀乍曽乎流訓読ここにありて春日やいづち雨障み出でて行かねば恋ひつつぞ居るかな読み...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1568番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1568番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1568番について歌番号1568番原文雨隠|情欝悒|出見者|春日山者|色付二家利訓読雨隠り心いぶせみ出で見れば春日の山は色づきにけりかな読みあまごもり|こころ...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1479番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1479番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1479番について歌番号1479番原文隠耳|居者欝悒|奈具左武登|出立聞者|来鳴日晩訓読隠りのみ居ればいぶせみ慰むと出で立ち聞けば来鳴くひぐらしかな読みこもり...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1027番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1027番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1027番について歌番号1027番原文橘|本尓道履|八衢尓|物乎曽念|人尓不所知訓読橘の本に道踏む八衢に物をぞ思ふ人に知らえずかな読みたちばなの|もとにみちふ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集769番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集769番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集769番について歌番号769番原文久堅之|雨之落日乎|直獨|山邊尓居者|欝有来訓読ひさかたの雨の降る日をただ独り山辺に居ればいぶせかりけりかな読みひさかたの|あ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集735番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集735番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集735番について歌番号735番原文春日山|霞多奈引|情具久|照月夜尓|獨鴨念訓読春日山霞たなびき心ぐく照れる月夜にひとりかも寝むかな読みかすがやま|かすみたなび...
タイトルとURLをコピーしました