亡妻

スポンサーリンク
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1796番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1796番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1796番について歌番号1796番原文黄葉之|過去子等|携|遊礒麻|見者悲裳訓読黄葉の過ぎにし子らと携はり遊びし礒を見れば悲しもかな読みもみちばの|すぎにしこ...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1797番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1797番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1797番について歌番号1797番原文塩氣立|荒礒丹者雖在|徃水之|過去妹之|方見等曽来訓読潮気立つ荒礒にはあれど行く水の過ぎにし妹が形見とぞ来しかな読みしほ...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1798番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1798番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1798番について歌番号1798番原文古家丹|妹等吾見|黒玉之|久漏牛方乎|見佐府訓読いにしへに妹と我が見しぬばたまの黒牛潟を見れば寂しもかな読みいにしへに|...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1799番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1799番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1799番について歌番号1799番原文津嶋|礒之裏之|真名仁文|尓保比去名|妹觸險訓読玉津島礒の浦廻の真砂にもにほひて行かな妹も触れけむかな読みたまつしま|い...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集970番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集970番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集970番について歌番号970番原文指進乃|粟栖乃小野之|芽花|将落時尓之|行而手向六訓読指進の栗栖の小野の萩の花散らむ時にし行きて手向けむかな読み****の|く...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集794番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集794番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集794番について歌番号794番原文大王能|等保乃朝廷等|斯良農比|筑紫國尓|泣子那須|斯多比枳摩斯提|伊企陀母|伊摩陀夜周米受|年月母|伊摩他阿良祢婆|許々呂由...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集795番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集795番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集795番について歌番号795番原文伊弊尓由伎弖|伊可尓可阿我世武|摩久良豆久|都摩夜左夫斯久|於母保由倍斯母訓読家に行きていかにか我がせむ枕付く妻屋寂しく思ほゆ...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集796番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集796番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集796番について歌番号796番原文伴之伎与之|加久乃未可良尓|之多比己之|伊毛我己許呂乃|須別毛須別那左訓読はしきよしかくのみからに慕ひ来し妹が心のすべもすべな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集797番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集797番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集797番について歌番号797番原文久夜斯可母|可久斯良摩世婆|阿乎尓与斯|久奴知許等其等|美世摩斯母乃乎訓読悔しかもかく知らませばあをによし国内ことごと見せまし...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集798番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集798番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集798番について歌番号798番原文伊毛何美斯|阿布知乃波那波|知利奴倍斯|和何那久那美多|伊摩陀飛那久尓訓読妹が見し楝の花は散りぬべし我が泣く涙いまだ干なくにか...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集799番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集799番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集799番について歌番号799番原文大野山|紀利多知多流|和何那宜久|於伎蘇乃可是尓|紀利多知和多流訓読大野山霧立ちわたる我が嘆くおきその風に霧立ちわたるかな読み...
タイトルとURLをコピーしました