万葉集4310番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4310番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4310番について

歌番号

4310番

原文

安吉佐礼婆|奇里多知和多流|安麻能河波|伊之奈弥於可<婆>|都藝弖見牟可母

訓読

秋されば霧立ちわたる天の川石並置かば継ぎて見むかも

かな読み

あきされば|きりたちわたる|あまのがは|いしなみおかば|つぎてみむかも

カタカナ読み

アキサレバ|キリタチワタル|アマノガハ|イシナミオカバ|ツギテミムカモ

ローマ字読み|大文字

AKISAREBA|KIRITACHIWATARU|AMANOGAHA|ISHINAMIOKABA|TSUGITEMIMUKAMO

ローマ字読み|小文字

akisareba|kiritachiwataru|amanogaha|ishinamiokaba|tsugitemimukamo

左注|左註

右大伴宿祢家持獨仰天海作之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝6年7月7日年紀|七夕|独詠

校異

波->婆【元】【類】【細】

寛永版本

あきされば,[寛]あきされは,
きりたちわたる[寛],
あまのがは,[寛]あまのかは,
いしなみおかば,[寛]いしなみおかは,
つぎてみむかも,[寛]つきてみむかも,

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました