万葉集3619番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3619番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3619番について

歌番号

3619番

原文

伊蘇乃麻由|多藝都山河|多延受安良婆|麻多母安比見牟|秋加多麻氣弖

訓読

礒の間ゆたぎつ山川絶えずあらばまたも相見む秋かたまけて

かな読み

いそのまゆ|たぎつやまがは|たえずあらば|またもあひみむ|あきかたまけて

カタカナ読み

イソノマユ|タギツヤマガハ|タエズアラバ|マタモアヒミム|アキカタマケテ

ローマ字読み|大文字

ISONOMAYU|TAGITSUYAMAGAHA|TAEZUARABA|MATAMOAHIMIMU|AKIKATAMAKETE

ローマ字読み|小文字

isonomayu|tagitsuyamagaha|taezuaraba|matamoahimimu|akikatamakete

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|広島|倉橋島|望郷|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

いそのまゆ[寛],
たぎつやまがは,[寛]たきつやまかは,
たえずあらば,[寛]たえすあらは,
またもあひみむ[寛],
あきかたまけて[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました