万葉集3493番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3493番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3493番について

歌番号

3493番

原文

於曽波夜母|奈乎許曽麻多賣|牟可都乎能|四比乃故夜提能|安比波多<我>波自

訓読

遅速も汝をこそ待ため向つ峰の椎の小やで枝の逢ひは違はじ

かな読み

おそはやも|なをこそまため|むかつをの|しひのこやでの|あひはたがはじ

カタカナ読み

オソハヤモ|ナヲコソマタメ|ムカツヲノ|シヒノコヤデノ|アヒハタガハジ

ローマ字読み|大文字

OSOHAYAMO|NAOKOSOMATAME|MUKATSUONO|SHIHINOKOYADENO|AHIHATAGAHAJI

ローマ字読み|小文字

osohayamo|naokosomatame|mukatsuono|shihinokoyadeno|ahihatagahaji

左注|左註

或本歌曰|於曽波夜毛|伎美乎思麻多武|牟可都乎能|思比乃佐要太能|登吉波須具登母

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|植物|恋情|異伝

校異

家->我【元】【類】

寛永版本

おそはやも[寛],
なをこそまため[寛],
むかつをの[寛],
しひのこやでの,[寛]しひのこやての,
あひはたがはじ,[寛]あひはたかはし,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました