万葉集3162番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3162番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3162番について

歌番号

3162番

原文

水咫衝石|心盡而|念鴨|此間毛本名|夢西所見

訓読

みをつくし心尽して思へかもここにももとな夢にし見ゆる

かな読み

みをつくし|こころつくして|おもへかも|ここにももとな|いめにしみゆる

カタカナ読み

ミヲツクシ|ココロツクシテ|オモヘカモ|ココニモモトナ|イメニシミユル

ローマ字読み|大文字

MIOTSUKUSHI|KOKOROTSUKUSHITE|OMOHEKAMO|KOKONIMOMOTONA|IMENISHIMIYURU

ローマ字読み|小文字

miotsukushi|kokorotsukushite|omohekamo|kokonimomotona|imenishimiyuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|羈旅|恋情|望郷

校異

特に無し

寛永版本

みをつくし[寛],
こころつくして[寛],
おもへかも,[寛]おもかも,
ここにももとな,[寛]このまももとな,
いめにしみゆる,[寛]ゆめにしみゆる,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました