万葉集2947番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2947番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2947番について

歌番号

2947番

原文

念西|餘西鹿齒|為便乎無美|吾者五十日手寸|應忌鬼尾

訓読

思ひにしあまりにしかばすべをなみ我れは言ひてき忌むべきものを

かな読み

おもひにし|あまりにしかば|すべをなみ|われはいひてき|いむべきものを

カタカナ読み

オモヒニシ|アマリニシカバ|スベヲナミ|ワレハイヒテキ|イムベキモノヲ

ローマ字読み|大文字

OMOHINISHI|AMARINISHIKABA|SUBEONAMI|WAREHAIHITEKI|IMUBEKIMONO

ローマ字読み|小文字

omohinishi|amarinishikaba|subeonami|warehaihiteki|imubekimono

左注|左註

或本歌曰|門出而|吾反側乎|人見<監>可毛|[一云|無乏|出行|家當見]|柿本朝臣人麻呂歌集云|尓保鳥之|奈<津>柴<比>来乎|人見鴨

事項|分類・ジャンル

異伝|非略体|恋情|尫柜蹋

校異

濫->監【元】【紀】【細】【温】|流->津【元】【紀】【細】【温】|汁->比【西(訂正右書)】【紀】【細】【温】

寛永版本

おもひにし[寛],
あまりにしかば,[寛]あまりにしかは,
すべをなみ,[寛]すへをなみ,
われはいひてき[寛],
いむべきものを,[寛]いむへきものを,

巻数

第12巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました